転職活動での自己アピール|サロンが増加中だからこそ増えているネイリスト求人情報

サロンが増加中だからこそ増えているネイリスト求人情報

メンズ

転職活動での自己アピール

履歴書

応募書類でアピールする

最近は雇用が非常に安定しておりますが、その一方でよりよい条件の会社への転職を志す人が増えてきました、しばらく前までは新卒時に入社した企業で定年まで働くのがベストと考えられてきましたが、多くの企業が年功序列から能力主義へとシフトしていることもあって、転職をためらわないようになりつつあります。中途採用案件で内定を得るためには、自己アピールが大変重要であるため、応募書類に趣向を凝らすようになってきました。応募書類と聞いて一番に思い浮かべるのは履歴書ですが、それよりもむしろ職務経歴書の方が重要な意味を持ちます。職務経歴書とはこれまでどのような企業でどのような職種についてきたかを示す書類で、アピールする上では履歴書よりも重要な意味を持ちます。

作成上の注意点

職務経歴書を作成するにあたっては、自分が応募先企業にとってどのような面で貢献できるかが分かるような書きぶりにしなければなりません。これまで雇われてきた企業名と所属部署しか記載されていないような職務経歴書であれば、相手にとって自分のキャリアが分かりにくい為、採用はおろか面接にも進めないといったことになりかねません。そうならないためにも、自分のこれまで務めてきた会社でどのようなキャリアを積み、どのようなスキルを磨いてきたのかを整理し、応募企業が求めている社員像とリンクできるような形で職務経歴書に記載する必要があります。そのため、職務経歴書は応募企業によって記載内容を変えていかなければなりませんし、同じものを使い回していては、どの企業からも内定が得られなくなる可能性があります。